塗装工事とは

塗装とは一般的に「色を塗る」「ペンキを塗る」といったイメージがありますが、建築物の強度を高めるための耐用年数向上や美観向上が主な目的となります。

それぞれ機能を持った塗料を塗りことによって膜を作り、雨風から守る防水加工や外気の熱から屋内を守る効果、錆による腐食を抑える効果など様々な効果が見込めます。

塗料自体様々ありますので、塗料の特性を生かした塗装工事が必要になります。

ページトップ

塗り替えのサインとは

一般的に新築から10年前後が外壁塗装の塗り替えのタイミングになります。

一度塗り替えを行っている場合は、塗料によって耐用年数が異なるため、「手に白い粉がつく」「カビやコケが生えている」「ヒビ割れが発生している」「塗膜が膨れている」「サビている」などそんな場合は塗り替えのタイミングになります。素材や塗料、周辺環境によってはタイミングが異なりますので一度診断を行ってください。

塗装の劣化現象
チョーキング現象(白亜化)

紫外線・水分(水蒸気)・温度差等によって、塗膜表面の樹脂や顔料が劣化分解して粉状になり、触れると粉が付く状態です。放置してしまうと塗膜が薄くなって塗膜の機能が失われていき、建物自体の劣化に至ります。新築の場合は10年前後で起こることが多いのですが、塗り直しをされている場合は塗料によって起こる時期が変わります。塗装時期の目安です。

高圧洗浄後、塗装し直していきます。

コケ・藻

屋根に良く起こる症状です。

日当たりの悪い環境で、地面の水はけの悪さなどが原因で湿度が高くなり、コケや藻の種子等が付着し、外壁や屋根に生え広がっていく状態です。コケや藻が剥離する際、屋根材の表面も一緒に剥離してしまうのでどんどん傷んでいきます。

高圧洗浄機で洗い流し、必要であれば徐藻剤、防藻剤にて処理することで対応できます。

塗膜膨れ

弾性塗料を塗装したケースに良く起こる症状です。

塗膜と下地の間に浸入した雨水により、弾性塗膜が膨れている状態です。中に水が入っている場合と、水分が蒸発して塗膜の膨れだけが残っている場合があります。下地と塗膜が剥離している状態なので、下地の保護が出来ていない事になります。

膨れている部分をすべて剥離し、ほかの部分と模様を合わせて上塗りを行います。

タック

クラック(ひび割れ)処理のために充填したコーキング(外壁ボードの間を埋めるゴム状の部分)の粘着成分が塗膜を超えて表面に出てきて、そのべたついた部分にほこり等が付着し黒く汚れた状態です。建物自体悪影響を与える事は少ないですが、黒い汚れが濃くなると美観を損ないます。

タックしている部分に、専用プライマーを塗布してから通常施工することで補修・予防対応します。

鉄が酸素と結合し酸化鉄になることが錆びです。外階段や支柱などに鉄が使われている建物によく見られる現象です。

塗膜の劣化などにより鉄部の素地が露出してくると、錆が発生しやすくなります。錆が進むと、穴が開いたり塗装不可能な状態になることもあるので、そうなる前の対応が必須です。

錆を落とし、錆の状態に応じたさび止め材を塗布してから塗装することで、補修・予防対応します。

ひび割れ

外壁ボードの間を埋めるコーキング材が、経年劣化により硬化すると、躯体やサイディングの動きに弾力が付いて行かずひび割れが起きます。モルタル外壁の場合は、乾燥や温度差によって体積収縮が生じ、割れ目が出来ることもあります。

このひびから雨水が入り込み、サイディングの隙間にしみこむと、水分に弱いサイディングが劣化してしまいます。また建物自体の雨漏りの原因になりますので早めに対処することをおすすめします。

カビ

pH中性域及び適度な太陽光・温度(25~30℃)と湿度50%以上の状態が続くと、カビが発生しやすくなります。外壁の変色や劣化の原因となる他、カビの胞子などが人体にも害を及ぼすことも充分に考えられますので、早急な対応をおすすめします。

高圧洗浄し、必要に応じて専用洗剤等を用いて除去します。

下地の浮き

躯体と表面モルタルの剥離、もしくは表面モルタルと下地調整塗材との間の剥離等が考えられます。クラックからの水分浸入、建物に加わる外力等により、相互の付着力低下による接着不良の状態です。雨漏りの原因になったり、最悪の場合壁自体が落下してしまうかも知れません。早めに専門家に見てもらいましょう。

状況によっては、モルタルの塗り直しや下地調整材の手直しが必要です。

白華現象(エフロレッセンス)

塀などによく生じる現象で、コンクリート内のアルカリ成分が水分と共に流出し、白い結晶となっている状況です。コンクリートが劣化しているサインです。大きな割れや下地の剥離に至る場合がありますので、そうなる前に対応することをおすすめします。

根本的に直すにはコンクリートの打ち直しが必要ですが、ひび割れなどを補修して水分の侵入を防ぎ、部分補修することが一般的です。ご予算に合わせてご相談ください。

塗膜汚れ

静電気等で外壁に付着した大気中の汚れやほこり等が、雨によって流れ落ち、雨垂れの筋のように外壁に残る状態です。軒下やベランダ下などの雨が当たらない場所では、湿気でホコリが固着しやすいため、塗膜汚れが起こりやすくなります。

美観を損なうとともに、ホコリの酸などで塗膜の劣化を進めてしまいます。高圧洗浄機で洗い流せるため、大幅な工事が必要なく、短期間での施工が可能です。

尚、当社では職人による無料塗装診断を行っております。お気軽にお問合せください。

ページトップ

塗装工程の紹介

シール(シーリング・コーキング)割れ補修工程

外壁のボードとボードの境目にある継ぎ目を「目地」と言い、シールというゴム状のものを埋め込みます。
また、目地へのシールの事をシーリングやコーキングとも言い、本来はゴムのように弾力のある材質ですが、劣化が進むと弾力を失い硬くなってしまいます。

劣化が進んだシールからひび割れなどが発生した場合、雨水が入り、建物の内部から痛んでしまいますので、補修していきます。

工程1
既存シール撤去

シーリング材をカッターなどで撤去していきます。撤去をしないで施工をした場合、厚みが付かないので効果が半減してしまいます。

工程2
シール撤去後プライマー塗布

プライマーは接着剤のようなものです。しっかり塗ってシーリング材の食いつきを良くします。テープを貼って周りにはみ出さないようにします。

工程3
シール注入

シーリング材を充填していきます。隙間をつくらないように多めに入れていきます。

工程4
シールをヘラでならす

ヘラでならしていきます。押さえながらならし隙間が出来ないようにします。

軒天(のきてん)塗装工事工程

軒天とは家屋の屋根部分が外壁から外側にはみ出している天井部分のことを指しています。軒天は軒裏(のきうら)や軒裏天井(のきうらてんじょう)とも呼ばれる場合があります。

最もポピュラーに使用される素材はケイカル板(ケイ酸カルシウム板)になり、気付かないうちに雨のシミができていることもあります。 屋根部分は、雨や紫外線により外壁よりも早く傷みますので、立地条件によっては数年に1度(2~3年に1度)チェックが必要です。

工程1
ケレン中

塗膜をはがします。そのままでは塗ることが出来ません。

工程2
塗装1回目

塗装の1回目です。同じ材料を2回塗ります。

工程3
塗装2回目

塗装の2回目です。綺麗になってきました。

工程4
完成

完成です。見事に生まれかわりました。

屋根塗装工事工程

屋根塗装は、見た目の美観以外にも様々な役割を果たしています。屋根は建物のなかで一番傷む箇所であり、日々紫外線や雨風などの様々なリスクから建物を守っています。

屋根の痛みが激しい場合は、表層だけでなく深部にまで雨水が浸透して、家の構造体を腐らせて雨漏りなどの原因になることもます。

工程1
洗浄中

洗浄で長年溜まったほこり、コケをとっていきます。 しっかりと洗わないといけません。

工程2
下塗り中

吸い込みを止めるためしっかりと塗っていきます。接着剤の役目もします。

工程3
中塗り中

中塗り1回目です。上塗り材と同じ物を塗っていきます。

工程4
中塗り後

中塗り1回目が完了しました。

工程5
上塗り中

上塗り2回目です。仕上げなので細部まで気を引き締めて塗っていきます。

工程6
完了

完了です。見事に綺麗になり生まれ変わりました。

ベランダ防水施工工程

防水工事とは、建物の寿命を永くするために防水層を造る工事です。建物の構造などによってFRP防水・シート防水・ウレタン防水など工事方法が変えて防水加工を行います。

劣化が進んでしまうと建物内部にも湿気が発生したり、水が侵入してしまう場合があります。また、ベランダの床や壁からからの雨漏りや、染み、悪臭、腐食などを引き起こしてしまう場合があります。

工程1
下地シール注入

ひび割れなど現状の補修工事を行います。

工程2
下地シールすり込み 

シールが浸透するようしっかりすり込みます。

工程3
下塗り

下地の補修が終了したら下塗りを行います。

工程4
中塗り

中塗りを行い2回目塗りを繰り返します。

工程5
上塗り

上塗りを行い仕上げます。

工程6
完了

完了です。綺麗になり生まれ変わりました。

ページトップ

塗料の種類

ガイナ(GAINA)
[塗料の種類]
断熱塗料ガイナ(GAINA)
[耐用年数]
12~15年

特殊セラミックビーズが配合してある断熱塗料・遮熱塗料であり、要するに「塗る断熱材」です。 15~20年の長期で考えると、最も経済的で、夏の暑さや冬の寒さに対応するだけでなく、騒音やにおいにも対応することができます。 ガイナは日本の宇宙研究の中心である独立行政法人JAXA(ジャクサ)の民間転用プロジェクト認定商品である点で、他社の断熱塗料とは一線を画します。

ガイナ塗料は、メディアでも取り上げられております

フッ素塗料
[塗料の種類]
フッ素系塗料
[耐用年数]
15~18年

フッ素の特徴は耐久性です。シリコンよりも耐候性が高く、その分価格も高めの塗料です。 また鉛などの重金属を配合していないため、環境にやさしい塗料です。

シリコン塗料
[塗料の種類]
シリコン系塗料
[耐用年数]
10~12年

シリコンの特徴は安定です。変化しにくいというシリコンの性質を生かした、長期安定を目指した塗料です。 耐候性はウレタンよりも強く、価格も若干高くなります。 最もポピュラーな塗料として使われています。

ウレタン塗料
[塗料の種類]
ウレタン系塗料
[耐用年数]
7~10年

ウレタンの特徴は、柔軟性です。木材などの素材に適しています。耐候性はシリコンよりも劣りますが、価格も安く、ポピュラーな塗料として使われています。

ページトップ

営業エリア

【横浜市】
鶴見区 - 神奈川区 - 西区 - 中区 - 南区 - 港南区 - 保土ケ谷区 - 旭区 - 磯子区 - 金沢区 - 港北区 - 緑区 - 青葉区 - 都筑区 - 戸塚区 - 栄区 - 泉区 - 瀬谷区
【川崎市】
川崎区 - 幸区 - 中原区 - 高津区 - 宮前区 - 多摩区 - 麻生区
【横須賀・三浦エリア】
横須賀市 - 鎌倉市 - 逗子市 - 三浦市 - 葉山町
【県央エリア】
相模原市(緑区 - 中央区 - 南区) - 厚木市 - 大和市 - 海老名市 - 座間市 - 綾瀬市 - 愛川町 - 清川村
【湘南エリア】
藤沢市 - 平塚市 - 茅ヶ崎市 - 秦野市 - 伊勢原市 - 寒川町 - 大磯町 - 二宮町
【県西エリア】
(足柄上エリア・西湘エリア)
小田原市 - 南足柄市 - 箱根町 - 湯河原町 - 真鶴町 - 中井町 - 大井町 - 松田町 - 山北町 - 開成町
【その他】
東京都23区、埼玉県一部地域、千葉県一部地域

※関東エリアなら承れる場合もございますのでお気軽にお問合せください。

お問合せ 電話番号045-353-7749